BABEL 〜世界の言葉〜

《その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。》
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >> メールフォーム ブログ ブログ
 

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
世界の刀剣歴史図鑑
世界の刀剣歴史図鑑 (JUGEMレビュー »)
ハービー・J.S. ウィザーズ
刀剣の本はファンタジー向けの資料本に良いものがたくさんありますが、これは「実物」にこだわる方向け。
ほとんどが写真なので、経年劣化の錆具合や、装飾や形の変移も分かりやすい。
ただ、高くて重いので図書館頼りをおすすめします(笑)
RECOMMEND
魔導書ソロモン王の鍵
魔導書ソロモン王の鍵 (JUGEMレビュー »)
青狼団
おお、まだ売ってた!
1991年の発売以来、見た目通りの怪しさが大好評(笑)。
ソロモンの72悪魔ってナンダ? から始める物書きさんにはコレをオススメしたい。
「ソロモン王の鍵」から護符(ペンタクル)、「レメゲトン(ソロモン王の小さな鍵)」から72の悪魔を解説。悪魔を呼び出す魔法陣布つきヽ( ・∀・)ノ
PROFILE


google adsense
 
精霊(せいれい)
読書 英 ニンフ nymph
読書 独 ニュンフェ Nymphe
読書 仏 ナンフ nymphe
読書 伊 ニンファ ninfa
読書 西 アーダ hada
読書 羅 ニュンパ nympa
読書 希 ニュンペー νυμφη
読書 露 ニームファ нимфа

読書 ニンフ、ニュムペ Nymphe Νύμφη 
山川草木やある場所、地方、町、国などの精霊。
あるいはその擬人化された女神。
若くて美しい女性と考えられ、ホメロスによれば、ゼウスの娘たちであるという。
不死ではないが、非常に長寿。樹木のニンフは樹木の死と共に生を終える。
彼女たちは、住むところによって区別される。ナイアデスは淡水(泉、河川)、オレイアデスは山、アルセイデスAlseidesは森、ナパイアイは谷間、ドリュアデス(ハマドリュアス)は木のニンフ。

PC ニンフ nymph
ギリシア神話で、山・川・泉・樹木やある特定の場所の精。
古代ギリシア語ではニュンフェ(普通名詞としては「花嫁」の意) といい、 ニンフはその英語形。
歌と踊りを好む若く美しい女性で、ホメロスの叙事詩ではゼウスの娘とされるが。
不死ではないが、長命の存在と考えられた。
狩猟の女神アルテミスの従者、酒神ディオニュソスのとりまき、牧神パンや山野の精サテュロスたちと戯れる乙女。
人間に対しては、おおむね友好的であるが、アルゴ船乗組員の美少年ヒュラスHylasを泉に引きこんだように、人をさらったり、シチリア島の羊飼いダフニスDaphnisを盲目にしたように、求愛に応じない者に報復することもある。

彼女たちにはその住む場所に応じて次のような呼び名がある。
(1)ナイアデスNaiades 泉や川のニンフ。ローマ詩人ウェルギリウスによれば、最も美しいのはアイグレ。一説では彼女は美と優雅の女神たちカリテスの母とされる。
(2)ドリュアデスDryades 樹木のニンフ。樹木 drys (カシの木) とともに生 hama を終えると信じられたところから、 ハマドリュアデスHamadryadesとも呼ばれる。オルフェウスの妻となったエウリュディケ、アポロンの求愛を逃れるべく月桂樹に変身したダフネなど。
(3)アルセイデスAlseides 森のニンフ。美少年ナルキッソスに失恋して木霊 (こだま) になったエコーが有名。
(4)オレイアデスOreiades 山や洞のニンフ。
(5)ナパイアデスNapaiades 谷間のニンフ。
(6)レイモニアデス 牧場のニンフ。このほか、アケロオス川のニンフのアケロイデス、ニュサ山 (ディオニュソスの生まれた山) のニンフのニュシアデスNysiadesなどのように、特定の場所、町、国のニンフが多数伝えられており、またオケアノス〈大洋〉の娘たちオケアニデス、海神ネレウスの娘たちネレイデスもニンフのうちに数えられることがある。
   google adsense