BABEL 〜世界の言葉〜

《その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。》
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >> メールフォーム ブログ ブログ
 

クリックで救える命がある。

RECOMMEND
世界の刀剣歴史図鑑
世界の刀剣歴史図鑑 (JUGEMレビュー »)
ハービー・J.S. ウィザーズ
刀剣の本はファンタジー向けの資料本に良いものがたくさんありますが、これは「実物」にこだわる方向け。
ほとんどが写真なので、経年劣化の錆具合や、装飾や形の変移も分かりやすい。
ただ、高くて重いので図書館頼りをおすすめします(笑)
RECOMMEND
魔導書ソロモン王の鍵
魔導書ソロモン王の鍵 (JUGEMレビュー »)
青狼団
おお、まだ売ってた!
1991年の発売以来、見た目通りの怪しさが大好評(笑)。
ソロモンの72悪魔ってナンダ? から始める物書きさんにはコレをオススメしたい。
「ソロモン王の鍵」から護符(ペンタクル)、「レメゲトン(ソロモン王の小さな鍵)」から72の悪魔を解説。悪魔を呼び出す魔法陣布つきヽ( ・∀・)ノ
PROFILE


google adsense
 
睡蓮(すいれん、スイレン)
読書 英 ウォーター・リリー water lily
読書 独 ヴァサーリーリエ Wasserlilie
読書 仏 ネニュファール nenuphar
読書 伊 ニンフェーア ninfea
読書 西 ネヌーファル nenufar
読書 羅 ニュンパエア nymphaea
読書 希 ニュンパイアー Νυμφαια
読書 露 クゥフシーンカ
読書 スウェーデン語 ネックロース näckros

スイレン water lily / Nymphaea
熱帯から温帯にかけて広く分布するスイレン属の植物の総称。漢名は睡蓮。
属名はギリシア神話の水の精ニンフにちなむ。
   ※検索結果がない場合、この文章が一番上に表示されます。 google adsense